中学生が身長を伸ばすには必要な栄養素の量がある

  • 私の料理でしっかり栄養が取れてるか心配
  • 共稼ぎで食事をしっかり作ってあげられない
  • 背が低いのは自分たち親が低いから?

このような悩みを抱えているお母さん!
気持ちわかります。

でも、一人で抱え込まないで!

かつて私も同じ悩みを抱えていました。

もちろん子供のために一生懸命料理は作ってます。
だけど、同級生の背がどんどん伸びているのに、自分の子供はあまり伸びていない。
そうなるとやっぱり不安になりますよね。

身長が伸びない!

私も同じように自分を責めていたんです。

だけど、私はあるときから考えを替えたんです。

大人ですら足りない栄養素をサプリで摂っているのに、成長期真っ只中の子供がすべての栄養素を食事から取れるなんて無理なんじゃないか?

それだったら、身長を伸ばすのに有効と言われている栄養素がしっかり入ったサプリメントの力を借りようと!

もちろんしっかりと愛情込めて料理は作る。
その上で足りない栄養素をサプリメントで補う。

そう考えることで、肩の力が抜けたんです。

安心を手に入れたんです。

背を伸ばす

まず私がしたことは、身長を伸ばすためにはどんな栄養素を取ればいいのか?でした。

中学生が身長を伸ばすためには、中学生に必要な栄養の量があるんです。
その必要な栄養素をまんべんなく、しかも不足なく取らないと全く意味がないという研究結果もあるんです!

そこで強い味方になってくれるのが、成長期応援サプリメントです。

私自身、現役の中学2年生の子供を持つ親として、身長を伸ばすための栄養素が詰まった良いサプリはないか?いろいろ調べてきました。

ここでは現役中学生の親の視点から中学生に必要な栄養素をまんべんなく配合されている身長が伸びるサプリを紹介します。

うちの子は背が小さいから小学生用でいいのでは?

 

小学生から中学生になっても、うちの子は背格好が全然変わらないから小学生をターゲットにした身長を伸ばすサプリでもいいのでは?

そう思われているお母さん!

「いえいえそれは違います!」

中学校に入ると体育の授業の質部活動など、小学生の時と比べて運動量が圧倒的に変わってきます。
必然的に、中学生に必要な栄養素の必要量も増えるんです。

このサイトでは、そんな中学生の運動量を考え必要な栄養素の量がしっかり摂取できる身長を伸ばすサプリを厳選してご紹介しています。

中学生用の身長を伸ばすサプリは少ない!

はっきり言いいます

現役中学生の子供を持つ親からすると、身長を伸ばすサプリの中で中学生以上にターゲットを絞ると、ランキングにするほど選べるサプリメントが多くないのが現実です。

4位・5位と多くの商品をランキングで紹介しているサイトがありますが、どういう理由で紹介しているのか良くわからないです。

親の目から見て自分の子供に飲ませたいと思う身長を伸ばす栄養素が入ったサプリメントは2つ良くても3つです。
※2017年8月現在

中学校3年間はあっという間です。

あれこれ試している時間はありません。

中学生に必要な栄養素・必要な栄養量順でご紹介していきますので身長を伸ばすサプリメント選びに役立ててください。

カラダアルファ(α)

カラダアルファ(α)この商品の特徴は何と言ってもご両親からの信頼された商品ということ。

お母さんの満足度96%

それに全国20,000点の通販ショップが加盟するEストアーで健康関連部門3年連続 通算8回目の第1位を受賞した大人気商品です。
ここで特筆なのは身長サプリだけでなく、「健康」関連部門で8度1位を受賞したということ。

口コミにもあるように13歳の男の子だけでなく
なんと、中学生になったら厳しいといわれている13歳、14歳の女の子も飲んで良かったという喜びの声があります。
親の満足度で選ぶならこちらのカラダアルファ(α)ですね。

プラステンアップ

プラステンアッププラステンアップは中高生を対象にした成長応援サプリとして作られている数少ない身長サプリメントです。

今までの身長サプリでなぜ伸びなかったのか?
ではなぜプラステンアップはいいのか?を
ノーベル賞受賞学者の栄養理論に基づきしっかり説明しています。
必要な栄養素の吸収効率にもとことん追求した商品です。

1日の必要な栄養をたった一杯で補給できるプラステンアップ

 

中学生を親に持つ私が選んだ2種類

どうですか?

真剣に選ぶとこの2種類しかありません。

私が1番におすすめするのは何と言ってもカラダアルファです。

なぜなら、無駄な栄養素が入っていない。

飲みやすくするための砂糖などの甘味成分も入っていません。

また、子どもたちや、その親の協力を得やすい環境にある事が挙げられます。

バトミントンのシャトルの国内販売2位のメーカーだからこそ出来たジュニア・ユースの意見をふんだんにと入りれ、学校や地域クラブの指導者・コーチのみなさんの協力で出来た、本物の身長を伸ばすのに必要な栄養素がしっかりと入ったサプリメントです。

背が伸びる=骨が伸びる

当たり前かもしれませんが

背が伸びる=骨が伸びる

この大前提、昔はカルシウムを取ると良いといわれ、牛乳を沢山飲んだと思います。

私もそうでした。
お母さんもそうだったのではないですか?

今はカルシウムを取るだけではダメ!

今となってはこれはもう常識になってます。
ではどんな栄養成分が骨を伸ばすのでしょうか?

身長を伸ばすには骨端軟骨の成長が必要

骨は骨端軟骨という骨の端にある軟骨の中で、軟骨芽細胞が増殖することで新しい骨が作られていきます。
ではその軟骨芽細胞が増殖するにはどんな栄養成分が必要なのでしょう?

骨が成長するにはコラーゲンが欠かせない

コラーゲンといえば、お母さんなら馴染み深いと思います。
女性にとってはたっぷりと取りたい成分「コラーゲン」

そんな肌の張りを保つのに必要なコラーゲンが、カチカチの骨になる?
あまりイメージできませんね!

ではコラーゲンが骨の成長にどのように影響するのでしょうか?

骨はコラーゲンを土台に作られる

カルシウムを取るだけではダメと言うのはわかっていても

やっぱり骨と言えばカルシウムと思いますよね!

骨はカルシウムで出来ていると思っていたり、カルシウムを土台に出来ていると思われがち!
でも、違うんです。

骨はコラーゲンのまわりにミネラル類が付着して作られていくんです。

土台になるのは 「コラーゲン」なんです。

身長を伸ばすにはコラーゲンがないと始まらない。

コラーゲンが繊維状になって土台になるんです。

繊維状になったコラーゲンをコラーゲン繊維と呼び、そのコラーゲン線維にカルシウムとリンが結びついてセメントの役割をし、骨を形成していきます。

まさに骨組みです。

下のような鉄筋鉄骨構造のビルと同じですね。

骨組み

この鉄筋でできた骨組みにコンクリートを流して、土台が出来上がっていきます。
ただのコンクリートより、コンクリートの中に鉄筋が張り巡らされているので強いんです。

これが人間の骨ですとコラーゲンがこの鉄筋と同じ役割をします。

 

骨はコラーゲンの骨組みで出来ている

コラーゲンで出来た骨組みのまわりに、カルシウムやマグネシウム・リンなどが結びつき、コンクリートの役目をしてコラーゲンを固めていき強固な骨を作り上げていくんです。

なので、カルシウムも大切な成分ですが、コラーゲンを始め様々なビタミンやミネラルなどの栄養素が必要なのです。

それでは、骨を作るにはどんな栄養素が必要なのでしょうか?

丈夫な骨を作るのに必要な栄養成分と役割

タンパク質コラーゲンもタンパク質です。骨の構成成分であり、骨の20~25%を占める成分です。
カルシウム骨の構成成分。リンと結びついてセメントの役割をします。
マグネシウムカルシウム単体では働かないため、カルシウムと結びついて骨の形成・発育を手助けします。
リン体内に含まれる量がカルシウムについで多いミネラル。カルシウムと結びついてセメントの役割をします。
亜鉛・ビタミンCコラーゲン(骨の構成成分)を生成するのにビタミンCや亜鉛・鉄・銅・マンガンなどは欠かせません。
ビタミンDカルシウムやリンの吸収を助け、骨にカルシウムが定着するのをサポートします。
ビタミンK骨の石灰化に重要。カルシウムを骨の土台に吸着させて離れにくくする役割で、不足すると骨に十分なカルシウムが取り込まれません。

コラーゲンはタンパク質から出来る

骨を生成するのに大切なコラーゲンは、タンパク質から作られます。
タンパク質が体内に吸収されてコラーゲンを作り出します。
ですのでタンパク質は取りたい栄養素の1つです。

カルシウムとリンが結びついて骨を形成していくので

じゃあ、タンパク質・カルシウム・リンがたくさん入った食材をたべればいい!

そうではないんです。

骨になる過程でたくさんのミネラル類やビタミンなどいろいろな栄養素がサポートしているんです。

それらすべての栄養素が、必要なときに必要なだけ無いと、思うように骨が伸びていかないのです。

特定の栄養を単体でとっても意味がない

ドイツの化学者・ユーストゥス・フォン・リービッヒが提唱したリービッヒの最小律と言う説
植物の生長(成長)速度や収量は、必要とされる栄養素のうち、与えられた量のもっとも少ないものにのみ影響されるとする説

ドベネックの桶
ドベネックの桶リービッヒの最小律を分かりやすく説明するものとして、ドベネックの桶が知られている。
植物の成長を桶の中に張られる水に見立て、桶を作っている板を養分・要因と見立てる。これならば、たとえ一枚の板のみがどれだけ長くとも、一番短い部分から水は溢れ出し、結局水嵩は一番短い板の高さまでとなる。

出典:ウィキペディア

ドベネックの桶の理論で言われるように、いくら牛乳をいっぱい飲んでもリンが足りないとリンのある分しか骨は形成されず、残ったカルシウムは他に使われるか排出される事になってしまうんです。

背を伸ばすために足りない栄養素があると伸びないというのをわかりやすく図にした樽の理論

足りない栄養素があるとどうなるの?

じゃあ、足りない栄養素があるとどうなるんでしょう?

例えていうならば、骨を1cm伸ばすのに必要な栄養素が

コラーゲン10
カルシウム6
リン2

必要だと仮定します。

そこにコラーゲンが5しか無いと

単純計算で、コラーゲンが5全部使われて、カルシウムが3リンが1使われ0.5cm伸びる。

残ってしまったカルシウム3とリン1は使われずに無駄になってしまう。

こんなイメージです。

骨の形成に必要な主な栄養素

先程も書きましたが、厄介なのがタンパク質・カルシウム・リンだけではなく、骨の形成をサポートする栄養素も必要量をしっかり取らなければならないんです。

タンパク質・カルシウム・リンが体内で効率よく吸収され、骨の形成に必要な主な栄養素は次のようなものがあります。

マグネシウム

カルシウムは単体では働かないんです。
カルシウムは、このマグネシウムと結びつくことによって、骨を形成出来るんです。
なので、マグネシウムが骨の形成発育を助けるサポート役なのです。

ビタミンD

カルシウムやリンが体内に吸収されるのを助ける役割をします。
いくらカルシウムやリンを摂取しても吸収されなくては意味がありません。
吸収効率を高め、骨にカルシウムが定着するのをサポートしてくれます。

ビタミンK

骨の石灰化に重要なビタミン。リンだけがあればいいというわけではなく、マグネシウムもこのビタミンKも重要な役割をしているのです。

亜鉛・ビタミンC他

骨を伸ばすのに土台になるコラーゲン。
このコラーゲンを作るのに大事な役割をするのがこの亜鉛・ビタミンC・鉄・マンガンなどのミネラルやビタミン類です。

 

このように骨を伸ばすには様々な栄養素が必要になります。

しかもこれらの栄養素が骨を伸ばすのに必要な量が満たされていないと、骨が生成され伸びないんです。

 

いくらお母さんが毎日の食事を頑張って作ったとしても、必要な栄養素を過不足なく作り続けられるでしょうか?

そんなことをしたらお母さんが倒れてしまいます。

毎日の食事で取り続けるのは現実的じゃないと思いませんか?

そこで、背を伸ばすのに必要なこれらの栄養素を、まんべんなく摂取できるように開発されたのが身長サプリというわけです。

その中でも、伸び盛りの中学生が背を伸ばすのに必要な栄養素がばっちり入っている身長を伸ばすサプリが、カラダアルファとプラステンアップだったのです。

真剣に考えられていないランキングサイト

  • 背を伸ばしたいと真剣に考える子供
  • それをなんとかサポートしてあげたいと思う親

その真剣に悩んでいる気持を考えてほしいものです。

中学生の身長を伸ばすサプリを紹介するランキングサイトで見る商品には、明らかに小学生をメインターゲットにしている商品をランキングで紹介しているサイトがどれだけ多いことか・・・?

しかも栄養素よりも、味を整える為の甘味料や添加物の方が多いサプリメントを堂々と紹介したりしています。

成分表を見てください。

真剣に選ばれていないというのがおわかりだと思います。
親の気持ちを考えず、売れそうな商品を片っ端から紹介しているのだと思います。

現代の食生活や、食品の栄養素量の低下を考えると、確かに飲まないよりはいいとは思います。

ですが、足りないものは足りないんです。

そこで

「小学生と中学生・高校生では必要な栄養量が違います。なので必要な栄養量は小学生○○倍は必要ですよ!」

というような注意書きがあってもいいと思います。

背を伸ばすのにどのくらいの時間が残ってますか?

はっきり言って、中学生にもなると背を伸ばすのに必要な時間があまり残っていません。
親として、子供の身長が低いのは自分たちに責任があると思い、良いと紹介されていれば試してあげたい気持ちはわかります。

ですが、飲ませるなら最低3ヶ月~6ヶ月は試したい。

そうすると、1年で試せる身長を伸ばすサプリは2~3個です。

もう一度いいます。
中学3年間はあっという間です。

中学生の身長を伸ばすサプリは

栄養素と配合量でしっかりと選んであげてください。

↓カラダアルファをもっと詳しく見るならクリック↓

 

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。